積み木

屋根の外壁工事を行なう際は防水シートを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加
作業員

エコに活用できる

外装のリフォームをオンテックスに依頼するときには、要望をしっかりと伝えるように気を付けましょう。詳細が分からないとリフォームをすることができません。屋上の緑化によってエコな生活をすることができるようになります。

作業者

屋外塗装の注意点

塗装を行う上でポイントとなるのが、その素材に合わせた塗料および工事の手順を遵守することです。現代の家では特に防水性の高めた素材が使われており塗装によるリフォームをしても不適切な施工では短期間で剥がれてしまいます。特に金属塗装では適した塗料と適切な下地処理が耐久力を持たせる上で重要です。

ソーラー発電

住宅設備で省エネ対策

太陽光発電は、屋根に装置を取り付けて電気を作ります。福岡にも、人気の高い太陽光発電のお店が数多く存在します。電気代が節約出来ると知り、太陽光発電を導入する世帯も多く見られます。売電収入が得られる点も、導入する際の動機の一つです。

雨漏りを防ぐには

屋根

雨の侵入を防ぐ

屋根は雨漏りが一番起きやすい部分となるため、その対策が重視されやすい部分です。多くは外壁工事と一緒に依頼する場合がありますが、住宅の築年数を考えて検討していく必要があります。雨漏りが起きてしまった場合はその劣化がかなり進んでいる状態となるので、未然に防いでおくことが大切です。屋根の雨漏り対策は、防水工事によって雨の侵入を完全に防いでいきます。具体的には、屋根材を取り除いてその下に防水シートを敷いていくようにします。この防水シートはルーフィングと呼ばれ、アスファルトの素材などが使われています。水を侵入させない素材となっているため、これで屋根の下地を覆えば雨漏りが起きません。屋根の上で作業をするのは非常に危険であることから、ベテランの業者スタッフにお任せしていけば安心です。

築年数に応じた対策

屋根で起きる雨漏りの原因は、防水シートに劣化が起きているために雨が侵入してくるようになります。そのため、まずは防水シートを新しく替えなければいけません。防水シートも消耗品となるので、耐用年数に合わせて交換していく必要があるのです。屋根の工事は、外壁工事と合わせてだいたい築年数10年から15年ほどで行うのが理想的です。その時期に合わせて行うようにしていけば、築年数が経っても見た目もきれいに快適に過ごすことができます。雨漏りは天井など他の部分にもダメージが出てしまうので、早い段階での防水対策がおすすめです。もし、天井にシミが浮き出ているようなときは、屋根から雨水が侵入している可能性があります。そのようなときは1度業者に見てもらうようにし、対策を聞いていくのが一番です。