男性

屋根の外壁工事を行なう際は防水シートを使おう

このエントリーをはてなブックマークに追加
  1. ホーム
  2. 屋外塗装の注意点

屋外塗装の注意点

作業者

建物の屋外部分を塗装する理由は塗膜を作り防水性を高めるということで、新築時のほか年数が経過したあとの修繕としても行われます。屋外塗装の種類としては、外壁塗装と屋根塗装があり外壁塗装はあらゆる壁で行われます。一方で屋根塗装は主に平屋根や金属屋根やカラーベスト屋根などの場合に行われます。また塗装に使われる塗料もウレタン系塗料やシリコン系塗料が主流となっていますが、このほかにも安価なアクリル系塗料や高耐久力なフッ素系塗料や機能性を持たせた遮熱塗料、光触媒塗料などが使われています。しかし、いずれにしても塗装においては、その素材に応じて塗料や必要な下地処理を行うことが求められ、それらを怠ると塗料の性能を活かすことができません。

塗装は物体に対して液体の塗料を塗布し、塗料に含まれた顔料が何らかの方法で硬化することで塗膜を作りその物体を保護するというものです。どのような塗料でもとりあえず塗れば塗膜が形成されますが、問題は下地に食いついていないとすぐに剥がれてしまうということです。特にもともと防水性のある素材である場合には剥がれるリスクが高く下地処理が重要です。建物の塗装で気をつけなければならないのがセラミック系サイディング塗装と金属塗装です。これらではもともと塗料の食いつきが悪いため剥がれるリスクが高いもので金属塗装を行う場合には、あらかじめ汚れや塗料剥げやサビを取り除き必要な修繕を行ってから塗装を行う必要があります。また塗料も金属塗装に適したものを選ぶことが耐久性を持たせる上で重要ですし、必要に応じて金属塗装用の下地処理剤を塗布する必要があります。